大症例検討会「こんな時どうしますか?~より良い在宅医療を目指して~」 症例発表

先日、那覇市医師会にて那覇市在宅医療・介護連携支援センターちゅいしーじー那覇主催、「令和元年度 那覇市在宅医療・介護連携支援推進事業(第二回大症例検討会)」が開催されました。当診療所の医療ソーシャルワーカー宮城より「在宅診療所におけるMSWの役割」について発表いたしました。

 

 

「MSW」とは

MSW」とは、医療ソーシャルワーカーを英語で表した「Medical Social Worker」の略で、『病院等の保健医療の場において、社会福祉の立場から患者のかかえる経済的、心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務』(※1)を行っています。当診療所のMSWは、主に訪問診療導入前の相談から連携窓口のコーディネーターの役割を担っています。訪問診療の依頼からその後の調整までMSWが中心となり、関係機関との連携を図ります。また、医療費の相談や福祉・保険等関係諸制度活用の支援も行い、患者様やご家族様が最期まで家で過ごせてよかったと思える支援を目指しています。

※1 厚生労働省『医療ソーシャルワーカー業務指針』より

 

事例検討

当診療所でお看取りをさせていただいた困難ケースの症例を挙げて、在宅でのMSWの役割や課題、Thinking timeでは本人の思いや病院の考えを聞いて、どのような調整をするか、について総合病院の医療ソーシャルワーカーや地域包括支援センターのケアマネージャー、在宅診療所のドクター等から貴重なご意見を頂き、多職種連携の重要性や患者様ご自身の意向を大切にするということを再認識させられました。

 

 

参加された皆様の声

『多職種連携で利用者にとって何が一番良いのか?を考えさせられた症例で勉強になった』

 

『ガン末期でも在宅医療を利用すれば看取りができること、本人の自宅で暮らしたい想いを実現できることを再認識できた。また、社会資源でリサイクル福祉用具(社協)やまちづくりサポーター等の情報提供をいただいたことに感謝です。』

 

『今後自宅でも医療処置が受けられたり、最期まで過ごすことが出来ることが周知されたら、独居の高齢者の在宅支援ニーズが増えてくると思う。地域支援を可能な限り活用しながら見守りできる地域密着型の支援強化が今後も必要になってくると思った』※2

 

などのご意見・ご感想をいただきました。

※2『令和元年度 那覇市在宅医療・介護連携推進事業 第2回大症例検討会アンケート集計結果』より

 

 

代表発表させて頂いた感想

今回お寄せいただいた皆様の声を励みに、訪問診療の情報が必要とされている方に届くよう周知強化に努め、増加することが予想される高齢者のニーズに対応して参ります。また、こうした活動を一つでも多く行い、今後の地域医療の連携推進に活かしていければと思います。

 

 

 

▼▼▼ 私たちと一緒に地域医療に力を貸してくれる方へ ▼▼▼

求人情報ページはこちら